TOP   MUSIC   MIDI制作裏話   Profile

  MIDI制作裏話

このサイトの曲がどのようにしてできたかをご紹介します。
私がどのようにしてMIDIファイルを作っているのかを、制作途中の状態なども交えて説明していきます。
DTMをやらない方にも興味を持っていただけるページにしたいのですが、うまくいくかどうか。。。


■第4話: WX5ってこんな楽器です

このサイトでよく使われているWX5ですが、実際に目にしたことのある方は少ないのではないでしょうか。第4話ではWX5をご紹介します。
こちらをクリックするとWX5の取扱説明書が別窓で開きますので、参考にしてください(PDFファイル)→

まずは、写真を見てみましょう。クリックすると写真の表示が入れ替わります。別窓の取扱説明書は「各部の名称と機能」6〜7ページを開いておくと分かりやすいと思います。

大きさはオーボエくらいです。キー配置はサックスに近いのではないかと思います。運指もサックスに準じています。(取扱説明書12ページ、30〜35ページ参照) 表側はキーが並んでるので、ぱっと見た感じ普通の“笛”です。特徴は裏側にあるのではないかと思います。

左手裏側のオクターブキーは多くの楽器では1つだけですが、WX5では上下に2つ、ついています。これを使って、通常の状態から上下3オクターブの切り替えができます。(取扱説明書13ページ参照) オクターブキー[ダウン]は、私にはちょっと使いにくいので、あまり使いません。

右手裏側にも注目してください。親指掛けの左側にツマミのようなものがついています。これはMIDIキーボードなどについているベンドホイールと同じです。設定によってピッチベンドやモジュレーションなどのMIDIデータを出力することができます。(取扱説明書13ページ参照) でも、表側で指を動かして音を吹いているのと同時に、親指でこのホイールを操作するのは難しいです。私は使っていません。

裏側の最下部には、吹き込んだ息が抜ける穴があいてます。背面下部2の写真のいちばん下の方に丸く小さく見えています。思いの他小さいですが、息が詰まるような感じはしません。当然ですが、普通の木管楽器のように、管の中を布などを通して掃除することはできません。考えようによっては長く使ってると気持ち悪いかしら。(^^;

もう少し詳しく見ていきましょう。

WX5は自身が音を出すわけではないので、本物の楽器のようにキーのところに穴があいているわけではありません。キーの下には写真のようにセンサーのようなものがついています(白くポチッと見えています)。キーを押さえたのをこれで感知しているようです。

マウスピースはリード付、リードなしの2タイプが付属しています。私はリードなしの方を使用しています。リード付マウスピースを使用すると、サックスのようにリード部分でピッチが調整できます。(取扱説明書10ページ参照) リード付マウスピースを使用すれば、演奏時にピッチベンドのデータも出力されるのでよりリアルなMIDIデータとなりそうですが、最初吹いてみた時、プラスチックのリードの厚みと吹いてもリードが震えないのが妙な感じで、リード楽器経験者にも関わらずリード付マウスピースを使いこなすことができませんでした。(^^;

ディップスイッチは、オクターブキーの上にあります。ゴムのカバーで隠れていますが、それを取ると電子部品そのもののディップスイッチが出てきます。これでいろいろな機能の切り替えができます。(取扱説明書22〜24ページ参照) 私の場合、よく使うのは息の強さをどのMIDIデータとして出力するかの切り替えです。MU2000の音色を使用する場合はexpression<CTRL#11>、VLボードの音色を使用する場合はbreath controller<CTRL#2>になるように設定します。その他のスイッチは自分に合った設定にしてあって、通常変更することはありません。

ディップスイッチの上には、4種類のセンサー調節用ボリュームがあります。(取扱説明書25〜26ページ参照) 上の3つは、普段はゴムのキャップがついてます。写真ではキャップを外したので、オレンジ色に写ってます。ドライバーなどを差し込んで回して調節するようになってます。これらは最初に調節したらあまり変更することはありません。いちばん下のLIP ZERO(黒く丸いところ)は、電源投入時に毎回ちょこっと変更しています。

WX5自体の説明としてはこんな感じです。文章と写真だけでは、どんなものなのか分かりにくいですね。(^^;
WX5をMIDI作成時に使用する利点としては、やはり息の強弱の情報がMIDIデータとして記録されることではないかと思います。息の強弱の情報が入っていれば、それだけで「吹いた」感じがします。これにモジュレーション(ビブラート)やピッチベンド(音程の微妙な変化)を編集時に追加してMIDIデータを作っています。


■第3話: 木管五重奏を作る 〜いつも何度でも・さんぽ〜

木管五重奏は、フルート・オーボエ・クラリネット・ホルン・ファゴットという編成です。なぜか金管楽器のホルンが入ってます。全部管楽器なので、全パートをWX5で吹いて入力して曲を作ってます。
ジブリのアニメは人気があるから聞いてもらえるかな〜と、ちょっと不純な動機で買った楽譜集(*1)ですが、思いの他大活躍してくれてます。

さて、私が木管五重奏の曲を作る場合の手順を説明しましょう。

  1. 各パートを1パートずつキーボードで弾く
  2. キーボードで弾いたのを簡単に修正してデモ曲を作る
  3. デモ曲を1パートずつミュートして、WX5を吹く
  4. WX5で吹いたのを修正する

なにもない所からWX5を吹いていってもよいのですが、それだといまいち気分が出ないので(やっぱり合奏している気分で吹きたいです)仮の演奏相手を最初に作っておくのです。
"仮の演奏相手"、上記2.までの状態がこれ。(いつも何度でも→ さんぽ→

このデータを1パートずつミュートしてWX5を吹いていきます。例えばファゴットのパートをミュートしてファゴットのパートをWX5で吹くということを繰り返します。
この作業では、WX5で吹いたばかりのものは、演奏相手として使用しません。吹いたままのデータはタイミングがちょっとずれてるとか、運指がバラバラってして途中の音が入ってしまってる(例えばミ−ソと吹くのにファの音が入ってるとか)ので、演奏相手としては使わないです。
全パート吹いたもの、上記3.までの状態がこれ。(いつも何度でも→ さんぽ→
「いつも何度でも」は、運指のミスのみ修正してます("吹いたまま"のデータが残ってなかったです〜)
「さんぽ」はクラリネットの音色をVLボードに変更してます。MU2000の音色ではおもちゃみたいでイヤだったので。

さて、いよいよ山場。ここからがいちばん時間がかかります。修正作業。こんなことをして修正していきます。

さんぽクラリネット冒頭
  • 運指のミスの修正
  • 発音タイミングの修正
  • 息の強弱の情報を間引きする(吹いたままだと多すぎるので)
  • 音の強弱をつける
  • ビブラートをつける
  • 各パートのバランスの調整
  • テンポ、エフェクトの調整など曲全体の調整

発音タイミングの修正にはクォンタイズは使えません。WX5で吹いたデータには右図中段のように息の強弱の情報(通常はexpression<CTRL#11>、VLボードの場合はbreath controller<CTRL#2>)がいっぱい入っているので、それも一緒に動かさないといけないからです。ですから、音の情報と息の情報の両方を「20前」とか「10後」とか(ちなみに1拍が480)、ひとつずつ移動させていきます。
エフェクトの調整も、曲の雰囲気を作る上で重要です。「いつも何度でも」の場合はリバーブは浅めで作り出したので、クラシック主体の小ホールで吹いてる感じになるようにリバーブを入れました。「さんぽ」は「いつも何度でも」と同じエフェクトの設定で作り出したのですが、歯切れのいい曲にはちょっとわんわんしすぎる気がしたので、リバーブを少なめにしました。

さあ、やっと完成です。(いつも何度でも→ さんぽ→
どうでしょうか。すごーく苦労した割にはたいして変わってないでしょ?(作った本人には違いが分かるのですが、聞いているだけだと、どこが違うの? ですよね…)
こんな風にして木管五重奏を作ってます。吹いただけで簡単そうだな〜と思える曲も(むしろそう感じていただけたら、自然な演奏ということで作者としては嬉しいのですが)、実はいろいろやってるんです。

(*1)収録曲:「いつも何度でも」「もののけ姫」「海の見える街」「君をのせて」「となりのトトロ」「さんぽ」


■第2話: ピアノを打ち込む 〜いつか王子様が・酒とバラの日々〜

ピアノの打ち込みについてご紹介します。
このサイトに掲載されているピアノソロの曲は、以下の手順で作成されています。

  1. ベタで楽譜の音符を打ち込む
  2. 音の変化をつける(強弱をつける、発音タイミングを微妙にずらす等)
  3. テンポの変化をつける
  4. ペダルの情報を入れる

2.〜4.は同時並行して作業していきます。言葉で説明するとたったこれだけ。
実際のサンプルを聞いてみましょう。

 打ち込んだだけ 完成したもの
いつか王子様が
酒とバラの日々

作っている途中の画面はこんな感じです。(酒とバラの日々)

・打ち込んだだけ(図1)
 図1

・完成したもの(図2)
 図2

画面で、楽譜の下に表示されている部分は上から順に、「テンポ」「ペダル」「音の強さ・長さ(右手分)」を表しています。
図1のように一定の音量・テンポのものを、図2のように人が弾いているようなニュアンスをつけていくわけです。
曲サンプルを聞きながら上の画面を見ていただければ、どんな感じで音量やテンポを変化させているか、だいたい分かっていただけるでしょうか。
1トラック分まとめてできる作業ではないので、音をひとつひとつ聞いて確かめながらの作業になります。はっきり言ってめんどくさいです(笑)。でも、だんだん曲が変わっていくので、面白くて続けてしまいます。
このニュアンスのつけ方が腕の見せどころなのですが、私はピアノは初心者レベルなので、なかなかうまくできません。
ここで取り上げた2曲のうち、「いつか王子様が」はCDの演奏に似せてあるので、こっちの方が本物の演奏っぽく出来たかな、と思っています。


■第1話: オートアレンジャーさまさま 〜赤いスイートピー〜

私はXGworksのオートアレンジャーをよく使っています。
「オートアレンジャー」と言っても、どのくらいのアレンジを自動的にやってくれるのか、使ったことのない方にはイメージがわかないですよね。例えば、以下のような使い方ができます。

  • メロディーパートを入れて伴奏スタイルを指定する。メロディーを元にオートアレンジャーが自動的にコードを抽出、指定したスタイルのMIDIデータを作成する
  • コード&伴奏スタイルを指定してオートアレンジャーにMIDIデータを作ってもらう

前者の方法は、便利ですが曲によってはすごいコードがついてしまいます。私が曲作りに使うのは後者の方法です。コードのついている楽譜をさがして、コードを書き込みます。また、伴奏スタイルも書き込みます。

図1
図2 伴奏スタイルとしては、まず曲調を選択します(図1)。この曲では「Pop Bossa 2」というのを使用しています。曲調はすごく種類が多くて、いろいろ変更して遊んでいるとすぐに時間がたってしまいます。
続いて演奏パターンを指定します。「Main A」とか「Main B」とか書いてあるのが演奏パターンです。間に入っている短いのはフィルインです。コードと伴奏スタイルを書き込んだ状態がこれです(図2)。
これだけ指定して演奏ボタンを押すとこんな感じです(→)。「煙草の匂いのシャツに・・・あなたって手も握らない」の部分ですが、かなり「らしく」なってますね。これを骨組みとして伴奏を完成させていきます。

まず、原曲の伴奏で目立つ音を追加しました。イントロなどで使われている高音のグロッケンかオルゴールのような音、ストリングスを追加しました。また原曲にはハープが使われていたのですが、この曲ではウィンドチャイムを入れました。
その他、ブラスはオートアレンジャーでもともと使われていたのですが、オートアレンジャーの作ったものは使用せずに自分のイメージで追加しました。
このような変更をして、各パートの音量・PAN(左右の位置)を調節した状態がこれです(→)。テンポは始めより少し速くしました。これで伴奏完成。細かい修正はいろいろやっていますが、大まかに説明するとこんな感じです。すごく簡単でしょ?
ほとんどオートアレンジャーに任せっきりなのがばれてしまいますね。

後は、メロディー部分です。フルートとエレキギターを入れました。完成したものはMUSICのページで紹介していますので、聴いてくださいね。


このページの先頭に戻る